2020年のご挨拶

町内会長 島山博明

 令和時代の最初の新年をお迎えし、新春恒例の「すみれが丘第35回どんど焼き」が1月12日(日)好天に恵まれ、大変大勢の参加者のもと、第一公園多目的広場で盛大に開催されました。
 どんど焼きとは「正月神を送り出し、全ての悪魔を追い出す伝統の火祭り」で、すみれが丘町内会の新春における最大行事です。今回も役員、組長、すみれが丘小学校おやじクラブ等の関係者一同のご協力のもと成功裏に開催できたことは、大きなよろこびであります。
 さて、すみれが丘地区が開発され、様々なインフラが整備されてから50年近くが経過しました。昨年までに、第一公園・多目的広場の再整備がほぼ完了しました。また、すでにご承知のように、現在「ケヤキ通り」の再整備計画を都筑区土木事務所とともに進めているところです。1月19日(日)に第4回意見交換会がすみれが丘会館で実施され、再整備の骨子が固まってきました。骨子は、主に下水道管の新設、ケヤキの伐採とヤマボウシ若木の植栽、連続桝への低木の植栽等であり、工事開始は2021年度からとなる予定です。「すみれが丘の新しいシンボルロードとして誇れる通り」を目指して協議を推進しております。皆様の絶大なご理解、ご協力をお願いする次第です。